ワンオペ育児~それでもレッツ☆ダイエット~

27歳、二人の子持ち。ワンオペ育児の毎日に自分の時間なんて皆無!
それでも痩せて今より綺麗になりたい!
ダイエットのこと、育児の事など自由に書いていきます。

カテゴリ: お金の話

本日の体重

体重50.5キロ
体脂肪24.7%


昨夜、たこ焼きパーティをしたので大量に食べてしまいました(´Д` )


雨なので散歩に行けないのが残念。
代わりに踏み台昇降しました。








昨日の続きで今日はざっくりと入院中の話です。




産後1日目
・ベットに寝たまま自分の部屋に移動。
・とにかく痛い!
・点滴ざんまい
・お互いの両親が面会に来たが、痛すぎて喋る余裕なし
・横になったまま一日終了。未だ赤ちゃんの顔見れず



産後2日目
・午後、ついに導尿の管外れる
・歩行開始
・赤ちゃんをガラス越しに見にいく



ちなみにこの病院、産後4日目になっても授乳させてくれません。赤ちゃんもガラス越しに見るだけ。家族も面会者も。


この事実をこの時まで知らなかったのでかなりショックでした。
夫は生まれた瞬間抱っこして写真まで撮っているのに、私はまだ一度も抱いていない。

おっぱいももうカッチカチなのに授乳できない。


産後はお母さんの疲れを取るのを1番に考えるというのがこの病院の方針らしいので仕方ないですが…



1人目の時とは全く違うので驚き戸惑いました。


とりあえず母乳を与えて、おっぱいを楽にしてくれーって感じでした。




産後5日目

・ついに同室スタート!
家族もやっと部屋でゆっくり赤ちゃんを見れるので嬉しそう。

・シャワー解禁
 






今回は経産婦ということで通常は10日間入院しなければいけないそうですが、夫の休みも終わってしまうので1日早めてもらいました。


なので退院日も含め合計11日間の入院でした。


食事はおやつ付きで、祝膳は無かったですがとっても美味しかったです(´∀`*)




かかった費用は

¥43.9850

でした〜


なので窓口での支払いは19,850円

本来なら事前に限度額認定証を出していれば払わなくて良いお金だったそうです。(←出すの忘れた)


でもそのうちこのお金は振り込まれると言われましたが…
振り込まれたのかよくわかりません。



また前回同様、
健康保険協会から73,540円振り込まれていました。前回よりだいぶ少ない!


振込はこれだけなので、さっきの19,850円はここに含まれてるのかな?



そしてまたまた前回同様、医療保険からの10万円。



なので今回もプラスとなりました。



やっぱり前回の総合病院は、サービスが少ないだけに費用もかなり安かったんですね!







入院してる間ってほんと幸せですよね。
三食出るし、掃除もしてくれるし、なにか用がある時は預かってくれるし。






退院後は母が3日間だけ来てくれました。

お互いの両親は離れているし、みんな仕事をしていて忙しいので3日が限界でした。


産後1ヶ月はゆっくりしなきゃと言いますが、そうゆう訳には行きませんよね。


私もフルに家事しまくってました。幸い体調も良く、気持ちが沈むこともありませんでしたが、年取ってからが心配…



更年期に来るって言いますもんね(´Д` )




1人で頑張らないで頼れるものはどんどん頼りましょう!











なんだがごちゃごちゃした内容になってしまい参考にならなかったかもしれませんが

これが私の出産記録です


短いですか読んで頂き、ありがとうございました!




 








本日の体重
体重49.8キロ
体脂肪24.7%


今日は雨が降っていたので、お昼寝の間に踏み台昇降をしました。


あと、お土産に貰った東京バナナを6個も食べてしまいました





さて昨日の続きですが、今日は出産後の入院生活について書きたいと思います。

1人目の話なのであまり詳しく覚えてないのですが、良ければ読んでみて下さい。



産後1日目

6:30

前日の22時過ぎに出産し、23時過ぎに寝たのに検温の為もう起こされました。

ちょうど朝食を持ってきてくれたのですが、激痛で自力で起き上がることができません。


坐薬を入れてもらうと幾分マシになり、電動リクライニングの力も借りて起き上がることができました。
でも痛みで2.3口しか食べられませんでした。
(そもそも糊のような重湯が気持ち悪くて食べられなかった)

大人になって人に坐薬入れてもらうのってめちゃめちゃ恥ずかしいですね(´∀`)


8:00

導尿の管はここで抜かれた気がします。そして一般病室へ移動する為、歩いていくように言われました。

拷問だ〜

こんなに早く歩かせることに驚きつつも、助産師さんの手を借りなんとか歩いて行きました。

部屋は個室は無く、全て無料の2人部屋のみでした。私が入院した時はちょうど空いてる時だったらしく、退院するまで1人で部屋を使えたのでラッキーでした


9:00

赤ちゃんと同室スタート

一通りお世話の仕方を教えてもらい、あとは2人っきり。
とてもドキドキしました。
夫も休みなので、面会可能時間の間はずっと一緒に居ました。

赤ちゃんを見れるのは嬉しいけど、痛くてそれどころじゃありません。

痛かったら痛み止め足すから遠慮なく言ってと言われましたが、どれ程の痛みなら申告しても良いのだろうと悩み、だいぶ我慢して過ごしました。


ちょっとでも痛くて辛かったら遠慮せずどんどん言いましょう。





この日から24時間赤ちゃんとの生活が始まりました。検査やお風呂などちょっと離れる時間はあっても夜はずっと一緒でした。

同室初日の夜中、夜間の2.3時間起きの授乳をしながら、

これから毎日こんな生活で、夜も眠れないのか…とかなり落ちました。





ちなみに出産後から日中はほぼ点滴付けっ放しです。日を追うごとに点滴の数は少なくなりますが、それでも1日に何本も打つので顔や手足がパンパンに浮腫みます。

入院中の写真はどれも酷くブスでした。


私は血管が細いらしく助産師さん達もルートを取るのにかなり苦労されてました。

なんとかうまく入っても漏れてしまったりで、私の腕は薬物中毒者のように針穴、アザだらけ。

オムツ替えるにも授乳するにも、トイレに行くにも点滴がかなり邪魔でした。





食事は5日目から普通食になりました。残念ながらお祝い膳はありません。

相変わらずの粗食メニューを夫にふりかけを頼み、なんとか完食してました。



シャワーは身体に問題が無ければ5日目から入れたのですが、忘れられてたみたいでなかなか声がかからず、6日目にようやく入ることができました。

一週間ぶりのシャワーでした。

傷には防水のテープが貼られているのですが、透明なのでしばらくは怖くて見られませんでした。





お金のはなし

この病院の帝王切開の入院日数は10日間です。

なので私は破水してから入院した分もあるので合計12日間の入院でした。

祝日の22時だったので割り増し分もあるでしょう。


金額の内訳など詳細な事はわからないのですが

窓口での合計は

¥403.840

でした〜


直接支払い制度を利用したので窓口での支払いは無し。

後日余った差額の16,160円が口座に振り込まれていました(´∀`)


そして医療保険に入っていたので
10万円ゲット


そしてそして3ヶ月後くらいに高額医療費の分なのでしょうか?

金額のところに目がいってしまい書類をよく読んでいなかったので何のお金か忘れましたが健康保険協会から
約14万円が振り込まれていました(´∀`)

これは夫に気づかれなかったので自分のへそくりにしちゃいました。


帝王切開になったことで支払いにビクビクしてましたが、結果的にかなりプラスになりました。


これだけ安かったのは個人病院ではなく総合病院だったのもありますよね。




かなりざっくりですがこれが1人目出産時の話です。


明日は2人目の時の事を書きたいとおもいます。




お読み頂きありがとうございました(´∀`*)







↑このページのトップヘ